「ホルン」パート

ホルンの紹介

カタツムリのようにぐるぐると巻かれた形(3.75m)と、朝顔のように大きく開いたベルがとても目立つ楽器です。
ドイツ語で「角」という意味があり、「角笛」と呼ばれることもあります。
ホルンは表現力に富んだ楽器で小さくて繊細な音から、大きく輝かしい音まで表現できるのが魅力の一つとなっています。

パート紹介

佐賀大学管弦楽団スプリングコンサートへようこそおいでくださいました!

佐大オケの大注目パートをまだご存知でないあなたに、ホルンパートをご紹介致します。

*HORN PART*

現在ホルンパートは、なんと、お嬢様お一人で活動しておられます。毎回毎回、お嬢様は寂しく思われているにも関わらず、練習にしっかりと参加し黙々とご自分の音色磨きに努めていらっしゃいます。

お嬢様は音楽にとても熱心で、美しくかつ力強い音色を目指している、とおっしゃっております。

私どもは、お嬢様と共にホルンを吹きたい、音楽を奏でたいというお方を募集しております。お嬢様の寂しさが消え、優しく、素敵な笑顔で迎えてくださることでしょう。お嬢様のホルンパートに王子様的存在の方が現れることを願っております。お嬢様の音色に惹かれてしまわれたあなた、ぜひ佐賀大学管弦楽団のホルンパートへ…

本日はお嬢様の晴れ姿。お嬢様の練習の成果を見守っていただけると幸いです。

それでは素敵なひとときをお過ごしください!