「パーカッション」パート

パーカッションの紹介

パーカッションは「打楽器」とも言われており、スティックやマレットなどと呼ばれるバチや自分の手などを
使って「叩いて」演奏する楽器たちを示します。打楽器は明確に音高を持つものと持たないものがあります。
つまり、時には旋律を叩き、時にはリズムを刻む、どちらの役割も担うことができる万能なパートです。基本
的には立って演奏します。
オーケストラで使われる主な打楽器は、ティンパニ、小太鼓、大太鼓、シンバル、トライアングル、タンバリ
ン、鉄琴、などがあります。他にも曲によって様々な打楽器を使います。休みの多いパートでもありますが、
その分、出番の時の役割は他のどのパートにも置き換えることはできません!!曲にアクセントを加えるとき
にはとても重要なパートです。
ステージの1番奥、最上段でかっこよく、華やかに、時には繊細に、様々な表情を見せるパーカッションに、
ぜひご注目ください!!

パーカッションパートの紹介

打楽器パートの紹介をします!!

笑いとトマトをこよなく愛する川島佑芽!

和歌山から来た彼女は、関西弁がとても強く、言葉は聞き取れているのに言っていることが理解出来ない事もしばしば…。それに加え、人より笑いのツボが独特でたまにひとりで笑い出すことも…!恐るべき、関西人…!!
オーケストラにおいて、これまでの経験が浅い故に、自分の実力に絶望する事の多い彼女だが、そんな佑芽の響かせるティンパニの音はとても力強いのだ!!だってパーカッションへの熱意は本物だから!!くじけるな佑芽!!!
それでは皆さん、彼女の堂々とした佇まいとステージ上に響かせる打楽器の音をお楽しみ下さい!!
以上、共に苦痛を乗り越えた芸術表現の2人がお届けしました!