「チェロ」パート

チェロの紹介

弦楽器の一つ。

高音から低音まで幅広い音域を奏で、ヴァイオリンやヴィオラでできる芸当は現実的に再現できると言われている。

「チェロ」という言葉はイタリア語の”Violoncello”に由来し、本来”cello”とは「小さな」という意味を持つ。

すなはち、「小さなヴィオローネ」という意味である(ヴィオローネとは、コントラバスの元となった楽器)。

ポピュラー音楽においては決して一般的ではないが、しばしばポップスやロックの曲中にも使われる。

チェロパートの紹介

こんにちは!チェロパートです!チェロは人の声に近い音域らしいですが、おかげさまで人間味が溢れ出るようになった(??)チェロパートのメンバーを紹介をします!!

4年生!「細胞レベルで…、恋しない?」澤田真理子先輩です!丹野先輩がいない間チェロパートを牽引してきた、誰もが認めるキャリアウーマン!様々なことを丁寧に教えてくださいます!普段とっても優しい先輩ですが、怒らせると怖いとか怖くないとか…´-)チラッ………気のせいですね☆

3年生!下大迫翔世先輩!ばっちりポーズが決まっていますねっ!将棋と囲碁をするようで、本人いわくインドア派?しかし、チェロを手にすれば力強い演奏で沸かせますっ!ちなみに、サークルの休憩時間中はかなりの高確率でリアルゴールドを愛飲しております、翔世先輩なのでした。

そして、この文章を書かせていただきました、2年生の山中岳です!日々、先輩方と楽しくチェロの練習をしています!最近の悩みは、通学に2時間半かかることです…。佐賀市内で住まいを探しているので、良い物件があればご連絡よろしくお願いします!!

今日という日が素晴らしい一日となりますように。

Today is a beautiful day.