「トロンボーン・チューバ」パート

トロンボーン・チューバの紹介

トロンボーンはU型のスライドを右手で上下させて音程を変えて演奏します。15世紀にスライドトランペットとして作られて、初めのころは主に教会音楽として使われていました。オーケストラで初めてつかわれたのはベートーベンの交響曲第5番の「運命」です。
また、トロンボーンは人間の声にもっとも近い楽器と呼ばれており、人間の声と同じように奏者によってさまざまな演奏ができます。教会音楽で使われてていたことの名残で、「天使の歌声」とも呼ばれることもあります。
オーケストラでは「テナートロンボーン」「テナー・バストロンボーン」「バストロンボーン」がよくつかわれます。
チューバは金管楽器の中で最も大きくて、もっとも低い音域を担う楽器です。「チューバ」とはもともとラテン語で「管」という意味で、チューバが低音金管楽器として登場したのは19世紀のことです。
1845年にコントラバスチューバが開発され、これをベルリオーズが大変気に入って曲中で使用し、これ以降オーケストラにおいてチューバの使用が広く受け入れられるようになりました。

パート紹介

金管ラスト!ノリと勢いで動いてます、どこよりかっこいい中低音のトロンボーン&チューバパートのご紹介!まずはトロンボーン。
手前でかわいくウィッシュをキメるは、二年生の原初花。トロンボーンは大学から初めたにも関わらず、誰よりも練習して今一番の成長株。吹くたびにうまくなっててオラびくびくすっぞ!これからもっと金管の無法地帯ぶりに感化されて、ドンドンはじけると思うとグッときますね!
真ん中で花の様に笑うのは、四年生の徳丸志保。誰よりも仕事ができる切れ者であり、ツッコミにも切れがある最高。容赦なく上級生を子ども扱いしてくるところも嫌いじゃないぞ!(めちゃくちゃ好き)
本日は彼女たちが奏でます、トロンボーンの神聖な響きに心打たれてください。

我々金管、心を込めて演奏します。演奏時にはステージ後ろ、輝く金管パートにご注目ください!